和食のテーブルマナー入門
和食のテーブルマナー入門
未分類 | 01月08日更新

意外と知らない和食のテーブルマナー入門

和食のテーブルマナーについて聞かれて、きちんと答えられる方は、どのくらいいるでしょうか。
意外と知らない方が多いのではないかと思います。
そこで、今回は和食のテーブルマナー入門編について説明したいと思います。
まず、和食は左側から右側に行くに従って味が濃くなっていくように盛り付けられています。
また、左側から食べやすくなるようにも盛り付けられているので、食べる時は左側から食べる方が良いでしょう。
"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

和食のテーブルマナー入門で知っておく事

和食のテーブルマナー入門として覚えておきたいのは、主賓の方が箸を取ってから食べ始め、周囲の方と食べるスピードを合わせるという事です。会話もせずに静かに食べる必要はありませんが、口の中に物を入れたまま話したり、箸を持ったまま話さないように気をつけなければなりません。汁ものを吸う時に音をたてたり、噛むときにくちゃくちゃと音を立てるのもタブーなので注意しなければなりません。

和食のテーブルマナー入門で"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

和食のテーブルマナー入門(煮物の食べ方)

和食のテーブルマナー入門編として、煮物の食べ方について解説します。
煮物は「炊き合わせ」ともいい、日本料理では煮物の入っている器は、中身が冷めないように、蓋がしてあるのがふつうです。
蓋を取ったら、糸底の方を下にして折敷の右側に出して置くようにします。
器は持っていただくのが正式なのですが、器が大きくて持ち上げられない場合などは、受け皿の代わりに懐紙を使います。
大きいものは箸を使って食べやすい大"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

和食のテーブルマナー入門(箸の使い方)

和食のテーブルマナー入門編として箸の使い方について解説します。
箸の使い方には、「嫌い箸」と呼ばれる様々なタブーがあります。
料理の下の方から食べたいものを取り出してくる「探り箸」や、箸をちゃんと箸置きにおかないで、器に架け渡してしまう「渡し箸」、箸を握りこんだまま、片手で器を持つ「にぎり箸」、器を箸で引き寄せる「寄せ箸」、お骨拾いのときのように箸同士で食べ物を渡す「拾い箸(渡し箸)」、料理を箸で"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

知らないと損する和食のテーブルマナー入門

普段食べている和食ですが、一から和食のテーブルマナー入門を学びたいという方も多いでしょう。
和食を食べるのにまず大事なのが箸の持ち方です。
間違った箸の持ち方は、忌み嫌う=忌み箸・嫌い箸とされよくありません。
和食では、器を手に持って頂きますが、全ての器を持っていいわけではありません。
お茶碗、お椀、小鉢は手に持ちますが15cm以上になる器は持ってはいけません。
右にある物を取る時は右手で取り、左"

" 続きを読む

top